現場の声05 未経験からでもポジティブに。部門の“基盤”をつくるために。

SCROLL

営業1部 不動マネジメントとの出会いと入社理由

入社のきっかけは、新しいことにチャレンジしたいという思いから。これまで私は、さまざまな業界・職種を経験してきました。ただ「営業事務」という仕事は、はじめて。未知の領域だからこそ、自身の成長を実感することができています。

#01 「仕事と周辺」そして「会社のこと」 フォローと改善が支える、組織と社員の成長。

私が所属する営業事務が主に担当しているのは、現場の調査です。地図の作成や、図面の用意など、無数の業務があり、日々多忙を極めます。しかしどれだけ忙しくても、社内が殺伐とすることはなく、誰かが発した一言に全員が即座に対応するなど、互いにフォローし合う意識が強いのが特徴です。現在、組織の仕組みも続々と改善され、今後も、より働きやすい職場に変化していくと思います。

#02 「大失敗したこと」と「大成功したこと」 些細なミスは、徹底的に排除。円滑に案件をスタートさせる。

業界未経験だった私は、入社当初、かなりの緊張感を持って仕事に取り組んでいました。そんな中で、上司からの指導を受け、少しずつひとりで仕事ができるようになっていきます。しかし、その頃に目立ってきたのが、小さなミスです。私が担当している現場調査は、案件のスタート地点。ちょっとした相違でも、かならず修正や確認が必要になり、他の人たちの時間を奪うことになってしまいます。そのことを意識してからは、より綿密な情報収集と資料作成、さらに担当者とのコミュニケーションを欠かさないように心がけるようになりました。現場ではなく、オフィスにいながら、スムーズな案件進行に貢献できるようになった。それが私の大成功したことです。

#03 これからの「目標と挑戦」 営業事務の基準を創出。未来のために、今がある。

私は、これまで不動マネジメントにはなかった「営業事務」という部署の最初のスタッフとして入社しました。2020年の春には、この部署にはじめて新しい社員が配属されることが決まっています。そのため、これまでに得た経験や知識を正確に後輩に伝え、一人前になってもらう「スタッフの育成」が、今後の目標と挑戦です。「不動マネジメントの営業事務」のすべてを、私一人が教えることになるので、相応のプレッシャーもありますが、忙しさを理由にせず、きちんと指導にあたりたいと思います。通常業務に「育成」が加わることで、一時的には大変になると思いますが、長期的には会社への貢献になるはずです。失敗することがあっても、ポジティブな発想と行動力で乗り越えてみせます。

あなたは今スタートしますか?