【 TALK 01 】

ベテラン技術スタッフ(工事部)小野 卓哉 × 若手技術スタッフ(工事部)小林 真央人 × 若手技術スタッフ(工事部)福永 ○○

自分たちの成長のため。
そして、お客様のため。
不動の現場は、オレたちに任せろ!

工事部で活躍する古田旭と小林真央人。そして現場スタッフの師匠的な存在として、その成長を見守る福永勝巳。不動マネジメントが手がける現場を、常に最高のものに仕上げていく3人による本音トークは、そのチームワークの良さが伝わるものだった。

素直に褒めあい、教えあう。
だから、ともに成長していける。

古田:小林くんの内装は、とにかく丁寧でキレイ。しかも早い。本当にすごいですよね。
小林:いや、それはずっと内装に特化してやってきたからっていうだけですよ。古田さんのすごいところは、やっぱり「パワー」かな?
古田:なんだ、それ(笑)
小林:以前、一般の家屋の現場で、古田さんが重機を使って一気に壊していくのを見ました。あれは衝撃的でしたね。もちろんスピード重視で進めてもよい現場だったからですけど、とにかくそれまでに見たことのないレベルのパワーでした。
福永:確かに古田くんは早くていい仕事をするんだけど、ときどき仕事が粗い時があるね。
古田:そうなんですよね……(苦笑)
福永:丁寧にやる部分とのメリハリをつけられれば完璧。やはり、古田くんのスピード感を喜ぶお客様もいれば、イヤだと感じる人もいる。現場ごとのニーズに合わせられるようになれればいいね。
古田:確かに福永さんは、本当に静かで、かつ早く解体をします。自分の場合は、“うるさく、早く”なので……(笑)。はじめて福永さんと一緒の現場に入った時に、言われたとおりにやれば、難しい箇所も順調に進むと分かりました。今でも、ものすごい信頼感がありますね。
福永:小林くんは、少しだらしないところがあるかな。そこさえ直せば、もうイケるよ。最近は、責任者として現場に行くことが多いので、ホウ・レン・ソウをきちんとやる。もちろんほとんどは守れているけど、時にヌケることがあるので、注意してほしいね。

互いを尊重し、学びを忘れない。
そこからチームワークは生まれていく。

福永:チームワークを大切に、仲良くやっていますが、やはり危険が伴う状況になりそうな時は、僕は怒ります。
古田:僕も福永さんと一緒の現場になった時、怒られたことがありました。あれはやっぱり、僕がすこし横着なやり方をしちゃったのかな……。
福永:そうだね。ただ、そういった状況になった時、我々の場合は、お互いの主張を伝えあって、前向きに議論をしています。互いが納得しないと、また同じことの繰り返しになるから。そういう本気で意見を交換しあえる関係性や空気感が、不動マネジメントにはありますね。
小林:僕は福永さんと一緒にタワーパーキングを壊した時に、道具の準備や段取りが完璧で、本当にすごいと感じました。
福永:どんな世界でも、準備と段取りがすべて。実際に仕事が始まったら、あとは進めるだけだから。むしろそこまでの準備に時間がかかります。その準備に失敗すると、台無しですよね。
小林:そうですね。僕の場合は、壊し方だけではなく、モノの片付け方なども、福永さんから学んでいます。
福永:当然、今いる中で、僕がいちばん経験がありますから。一緒にいるスタッフに対して、僕が持っているすべてを伝えています。人によって、重機に乗るのに向いている / 向いていないというのはあります。この2人は……ま、イケると思う。
古田:だいぶ“間”があったな……(笑)
福永:でも必要なのは、別に難しいことではないんです。仕事の丁寧さと、我慢強さ。それだけ。だから僕は、危ないところ以外は、新人でもどんどんやらせています。その中でいろいろと覚えてもらわないとね。

年齢も性別もいっさい関係なし!
仕事をはなれればフラットに付き合う。

福永:私はキャリアの違いや「先輩・後輩」といった関係性は、あまり感じていません。仕事が終われば、全員がフラットな関係です。オンとオフをきっちりと分けていますね。
古田:僕もスタッフの関係を“タテ”ではなく“ヨコ”で見ています。年下で多少ナマイキなやつでも問題なし。友達みたいな感覚なので。 小林:僕は福永さんとプライベートでも交流があります。バーベキューにも行きましたね。
福永:……え、、、行ったっけ?
小林:チョット!!やりましたよ!もちろん他の社員もいましたけどね。僕は覚えています。いい思い出ですから(笑)。あと、古田さんとは旅行仲間。大阪や長野に行きましたね。他のスタッフを含めて、多い時は6人くらいで。
古田:みんな、仲良しなんですよ。旅の目的は……あまり聞かないでください(笑)
小林:特に大阪の方はね(笑)。みんなプライベートと仕事では、まったくキャラが違います。プライベートの時は、仕事の話はいっさいなし。くだらない話ばかりですよね。
古田:うん。それがオンとオフのスイッチの切り替えになっているんだろうね。

常に“今より上”を目指して。
足並みを揃え、組織として進んでいく。

福永:ベテランの私でも、伸ばしたい部分はあります。例えば、まだやったことがない建物の解体など、受注してもらって、携わりたいですね。
小林:僕は、難しい現場があった時に「小林に行かせよう」と思ってもらえるように、力をつけていきたいですね。難しい現場を任せてもらえることが一番のやりがいです。
古田:僕の場合は、静かに、かつスピーディーに終わらせることで、近隣の方からの信用や評価を得られるような仕事がしたいです。騒音でクレームが入ってしまうと、すぐに会社としての信用が失われてしまうので。
福永:うちのスタッフは、みんな“今より上”を目指そうとしています。それは、社長や専務がそういう空気感をつくり出しているし、みんながそれに共感しているから。いまスタッフも増えてきているけど、組織として大きくなることを目指すのではなく、みんなが同じ意識のもと仕事に取り組み、その結果として仕事が増えて、チームが大きくなるのがいいと思います。

OTHER CONTENTS

RECRUIT

RECRUIT 不動マネジメントはこんな人を求めています。RECRUIT 不動マネジメントはこんな人を求めています。

CROSS TALK

CROSS TALK 現場を本音で語るCROSS TALK 現場を本音で語る